読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも一緒、ずーっと一緒

10匹の猫ちゃんたちとの暮らし。

懐かしいけど、苦しい。

2016年10月3日(月)

昨日の夜の夢の中で、家の歴代の猫ちゃんに逢った。

ボウちゃん、ノラちゃん、バロン…皆、気持ち良さそうに寝てる。

寝ている所は、どこかの床に空いた穴のようだ。

そこは、コタツのように、暖房がついて、暖かいらしい。

良かった、良かった。

そこに、アトムがいない事に気づく。アトムを探さなくては…

そこで、目が覚めた。

夢に出てきた猫ちゃんは、死んで、もう居ない。

皆、寝ていたけど、久しぶりに、逢えて嬉しかった。

あごに模様があるバロン。バロンを拾った息子も短いあごひげがあった。

20161003163302bcc.jpeg

ボウちゃん。うちの永遠のボス。

20161003163302aa5.jpeg

夢の内容を考えてみると、

夢の中の暖かい床のくぼみは、庭の一角、皆を埋葬した所。

アトムは、生きてるから、夢の中に居ないのは当たり前だった。

私は皆に逢ったのは、そこに(どこ?)行ってたのかな。

実は、目が覚めた時、胸が苦しく、息苦しかった。

そのまま静かに寝てたら、そのうちにまた眠って、

朝起きたら、心臓の辺りが、恋煩いか、心配事ある時のように、重い感じだ。

それは、風邪のせいだ。

2、3日前から、体が怠かったが、鼻水、鼻声になって、風邪を引いたのだとわかった。

しかし、昨日、日曜日は、皿洗いの仕事が、入ってる。

忙しい時期が過ぎた為、仕事日は少ないので、

「行けない、休む、」という、選択はない。

頑張って行った。

嬉しい事に、先月のお給料もらって、

汗かいて、働いたら、風邪は少し良くなったようだったが…

昼間は大丈夫だったが、夜は、やはり、疲れで、胸が苦しくなってしまった。

そして、ちょっと切ない夢を見ようだ。

だが、皆に逢えて嬉しかったよ。また、逢いに来てね。

今日のアトム、お昼寝しないで、抱っこして〜と、甘えてくる。

20161003155209b7c.jpeg

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村