読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも一緒、ずーっと一緒

10匹の猫ちゃんたちとの暮らし。

大昔の美人だった

2016年9月28日(水)

昨日はスッキリと、晴れていた。

秋には暑い日だった。

いつもは、小座布団で寝るのに、

暑いのかな〜日陰で昼寝してた、はなちゃん。

201609280948384c8.jpeg

お母さん何か用ですか〜 近づいて来ると、とっても嫌なんですけど〜

20160928121810723.jpeg

そのような、昨日の天気だった。

一転、今日は、朝起きると、曇り。

いつ降ってくるかな〜と思ったら、もう降ってた。

気温も低くなってきたので、

猫ちゃんは、其々暖かい所を探して朝昼寝して、夕方に起きて来る。

そして、ショートステイから帰って来た母をテーブルの上で迎える。

お帰り〜

お土産は無いの?ばあちゃん。

2016092818170027d.jpeg

私は、生まれた時は、体が弱く、

「お前は、栄養剤で大きくなった」と、母が言ってた。

その為か、小さい頃は、髪の毛もポヤポヤの猫毛だった。

それが、いつの間にか、馬のしっぽのような太い毛になり、、量も多くになった。

髪の毛を束ねると、片手でやっと掴めるほどの量があった。

髪を腰まで伸ばし、ソバージュ、カーリーヘアにした事もあった。

大昔(奈良平安時代?)、顔に関係無く髪の毛の量が、美人の判断基準だったそうで、

私は、大昔だったら、超美人の類だろうと思う。多分。

そして、月日が経ち、馬のしっぽのような真っ直ぐな太い髪の毛は、

何故か(くせ毛で無いのに)毛が勝手に波打ってしまい、白髪になってしまった。

今は、櫛を使わなくても良い程のショートカットだ。

千円散髪で済まして、、リンスが無くとも気にしない。

楽ではあるが、ちょっと淋しいかな。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村