読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも一緒、ずーっと一緒

10匹の猫ちゃんたちとの暮らし。

自分が嫌になる時

2016年7月10日(日)

昨日皿洗いの職場のオーナーから、

「仕事、覚えてきたね。もう大丈夫だね。」

と、言って労いの声を掛けてくれた。

嬉しい事なのに、

私は、素直に、「ありがとうございます」と言えないおばさん。

「いいえ、歳で、少し認知症気味で、ポカッとミスしますから、

これからも宜しくお願いします。」と、言ってしまう。

自分に自信無いから、褒められても否定してしまう。

余計な事も、喋りすぎだし。ハァ〜

幾つになっても、大人の言い方できないのかなあ。

自分が嫌になる時だ。

本当にもう〜、

自分の後ろに蹴りを入れたいよ。

他の人はどうでもいい事に、グタグタと考えてしまう。

だけど、この状態が続かない。寝れた。

良い事なのか、悪い事なのか。

この子たちの顔を見ると、嫌な事忘れる。

20160710085911782.jpeg

期待されてる。信頼されてる。

2016071008591113b.jpeg

幸せな生活は、静かに寝れる事かなあ。

20160710085911b3d.jpeg

気高く生きてる姿。このように生きたいね。

201607100859119f5.jpeg

オシッコされても、癒される〜癒してくれる。

20160710085911cc9.jpeg

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村