読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも一緒、ずーっと一緒

10匹の猫ちゃんたちとの暮らし。

ハイド母現る

足短いね〜って言った?

半パラサイトのお姉ちゃんが付けたわたしのあだ名、ツチノコ だよ〜

20160510164334aaa.jpeg

昨日の朝のこと。

いつも、デイサービスに行く時は、

靴を履いて、内玄関でデイサービスの迎えを待つ。

私は膝をついて、母に靴を履かせるのに、足誘導してると、

母から「何、威張ってる!」と、突然言われた。

え?いつも通り、優しく誘導してたよね。

な、なんという事を、言うのだ!

びっくりとショックな顔で、母を仰ぎ見ていたのだろう。

「ヘンな顔して!」と、母からビンタされた。叩かれた!

年寄りの力のビンタは、頬は痛くない。

痛いのは心、心が痛いよ。

今、さっき、トイレに行って、お尻拭いて貰っているのに。

お尻拭いてくれる人に「威張るな」とビンタする母は、何だろう。

これが、認知症なのか。

それから、靴を履かして椅子に座ると、

一転、「ありがとう」と、優しく言う。

母の頭の切り替え、スイッチが早いよ。

こっちの気持ちが、追いつかないよ。

常々思うことだが、

今の母の脳は、「ジキル博士とハイド氏」がいる状態(解離性同一性障害?)ではないか。

善良(大人しい)な母と、悪(口汚い)の母がいる。

母自身も、自分の隣にもう一人、いつも誰かいると言っていた。

だから、「私」ではなく、「私たち」と、言う。

「私たち、どこで寝たらいいの?」「私たち…」と言う。

普段の生活でも、自分に話しかけて、

そして、自分で答えて、会話している。

一人芝居でなく、二人芝居??落語の様な状態。

初め、怖かった。

本当は、誰かいるのかも知れない。

私には見えないけど、母には見えてる。

現在、家には夫、娘も居るので、大丈夫。

今回、これで終わりでなかった。

またハイド母が出てきた。

デイサービスの迎えの車に乗ってから、

「今日、暑かったら、脱いでね。」と、母に声かけたら、

「バカ、何が暑いんだ!何言っているんだ!」と、言い残して出かけた。

可愛さのかけらも無いおばあさん、母。

しかし、介護は、まだまだ続く…

これから、酷いこと言われたら、

ハイド母が言ってると思って、溜飲するよ。

病気になる前の母は、どんな性格だったか。

他人には外面いい、ジキル母だった。

札幌の姉と妹には、ハイド母だったのだろうか。

たまーに逢う私には、他人一歩手前だったのか。

だから、ジキル母をいっぱい知ってる。見てる。

人間の潜在の、眠っている性格が出るのか。

私は、可愛いおばあちゃんになりたいけど、

母を見てると心配、なれるかなあ。

人間語 大変ね〜

「バーカ」「威張りばば」「クソじじ」は、

全部ニャーだから、私が言う悪口、

人間にはわからないよ〜 良かった、良かった〜

2016051016433408d.jpeg

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村