読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも一緒、ずーっと一緒

10匹の猫ちゃんたちとの暮らし。

春は寝て待つ

今日も寝てる…

2016022715335927a.jpeg

読んだ本2冊。

NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の番組で取り上げた、

羽田空港の日本一の清掃員、新津春子さんの本。

春子さんは、技能競技大会で第1位になった掃除のプロ。

201602261851199f5.jpeg

春子さんは、17歳の時、中国残留孤児のお父さんと

家族で日本に来た。言葉がわからず苦労したようだ。

でも、考え方がポジティブ。身体も丈夫な人なのだろう。

働くこと、仕事に、誇りを持っている。

うちの息子を思い出す。

息子は、美装会社にいた事がある。

床を磨きすぎて、腱鞘炎になったり、

入ったばかりの自分の給料と十年いる先輩の給料と同じ。

仕事は好きだったが、将来のことを考えて転職した。

ビルの窓拭きして、高い所に慣れている。

本人頑張って、頑張って消防署に入る事ができた。

母親として、ホッとしたことを思い出す。

息子だけでなく、

母も掃除婦として長年、

働いていたのを忘れてしまった。

動物園の園内掃除に、何年も勤めていた。

母は、息子が美装会社に入社した時、

とても心配していたのだ。

もう一冊。

写真家の本なので、写真が綺麗。

20160226185119a1d.jpeg

中国南部、貴州省

中国で最も貧しいと言われる辺境の山奥の村、

バーシャ村をカメラマンが訪れる。

少数民族 苗族(ミャオ)の顔も、生活も、私が小さかった頃の日本のに似ている。

皆助け合って生きている。

民族衣装もとても綺麗だ。村人の笑顔がいい。

著者は、桃源郷と感じる。

中国の辺境政策により、交通の整備、村の観光化で村は変わっていく。

携帯電話の使用など、我々と変わらない生活になって行く。

私の小さい頃に住んでいた村(北海道)に似ている。

隣近所、親族総出で、田植え、稲刈りをしていた。

あの頃は、桃源郷だったのかなあ。

その桃源郷には母の姉妹が住んでいる。

春になり、暖かくなったら、母と行くつもり。

とても楽しみにしている。

従姉妹にも会いたい。

早く春よ来い!