読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも一緒、ずーっと一緒

10匹の猫ちゃんたちとの暮らし。

猫ブームに思うこと

昨日、テレビを観た。

女優の水谷八重子さんの言葉がとっても共感できる。

『猫はお金を出して買わない。助けを待っている猫がいる。

そんな猫を助けたい。』

飼っている猫は、保護猫だそう。

私も同感。

ペットショップには、猫の末路を考えると、可哀想でとても近ずけない。

在りしのバロン 2013年永眠・・・

バロンは、スコッティシュホールド種だが、

11年前に、息子が行っていた大学の駐車場で捨てられていた猫だ。

バロンと一緒にいたのは、シーちゃん。

シーちゃんは、とても可哀想な姿だった。

ストレスで体の毛が抜けて、全体薄くなり、手足の先だけに本来の毛が残っていた。

バロンもシーちゃんも病気だから捨てられたと思った。

猫の病院で診てもらって、初めてスコッティホールド種だと知った。

その時、家には先住猫が4匹いた。

シーちゃんは、前飼い主に去勢されていたが、バロンは去勢されていなく、

その為、先住猫とのご対面が上手くいかなかった。

バロンは、皆と 仲良く暮らすには、少しだけ時間が掛かった。

でも、私達とベッドで一緒に寝て、

朝、起こしてくれるのだが、唇を噛んで起こす・・・

柔らかいふかふかの毛、とても良い匂いのする猫だった。

昨今猫ブーム、テレビ、雑誌などに取り上げられている。

猫好きには、目にするのは嬉しいが、このブームの影に

捨てられる猫が増えるのでは、もう既増えているのでは、、と憂いている。

早く、宝くじを当てて、猫シェルターを作らなくは と思う。